NFT WEEKS TOKYOが銀座にて開催中!行ってみた感想と概要

NFT WEEKS TOKYOの外観

銀座では「NFT WEEKS TOKYO」というNFTの活用事例を実際に体感できるイベントが開かれています

期間は12月10日〜12月27日、2022年1月4日〜1月11日となっており、それぞれの日程で出展している企業・団体が違いますね。

まだまだ日程はあるので興味がある人は行ってみましょう!

この記事では「NFT WEEKS  TOKYO」の詳細とイベントに行ってみた感想などを紹介しています。

NFTのイベント行ってみたかったです!

実際にNFTに関わっている人や作品に触れて、熱量やNFTへの期待を体感できるいいイベントですね。
そもそもNFTって何?って方へ

Non-Fungible Tokenの略であり、
ブロックチェーン技術を応用したデジタル資産の一つ。
デジタルコンテンツの唯一性を保てることから注目が集まっています。
NFT(非代替性トークン)とは唯一無二のデジタル資産!加速化するNFT化を1から学ぶ

以下のリンクから、詳しく学べますよ!
  • 取り扱い通貨数が国内No.1
  • 取引画面の見やすさ・使いやすさ
  • アプリダウンロード数、国内No.1
  • 口座開設や取引操作が簡単でスピーディー
  • 取引所の取引手数料が無料
  • 独自のNFTマーケットプレイス
2500円相当のBTCが全員受け取れるキャンペーン実施中
関連記事

現在コインチェックでは2500円分のBTC(ビットコイン)が受け取れるキャンペーンを実施中です!これを逃すと2500円受け取れるキャンペーンはないので、急ぎましょう。[word_balloon id="5" siz[…]

【全員もらえる】2500円分のBTCがコインチェック口座登録で受け取れるキャンペーン実施中

↓その他の仮想通貨取引所はこちらで紹介しています↓

仮想通貨ランキング

NFT WEEKS TOKYOの概要

この「NFT WEEKS TOKYO」は仮想通貨メディアのCoinPostと国際映像製作スタジオ「NOMA」を率いるEDLEAD社が共催しているイベントです。

期間は12月10日〜12月27日、2022年1月4日〜1月11日となっています。

出展団体・個人は以下の通りです。

12月
10日(金):メディアDAY/オープニングセレモニー
11日(土)〜12日(日):Metaani
13日(月)〜14日(火):double jump. tokyo
15日(水)〜16日(木):Kevin Abosch
17日(金):グラコネ
18日(土):ZestBloom
19日(日):Polygon
20日(月)〜21日(火):VEVE /ECOMI
22日(水)〜23日(木):GOZ (郷津 春奈)
24日(金)〜25日(土):Polka Fantasy
26日(日):Parallel
27日(月):THE RHETORIC STAR
2022年1月
04日(火):THE RHETORIC STAR
05日(水):新企画準備中
06日(木):RIZIN FC x IOSTxNFT-Japan 共同出展
07日(金):SBI NFT
08日(土):Gala Games
09日(日):せきぐち あいみ
10日(月):COMING SOON
11日(火):Unicask
「マイクリ」などのNFTゲームで有名なdouble jump. tokyoやイーサリアムのセカンドレイヤーとなるPolygon、そしてnanakusaの買収でNFTマーケットに力入れているSBI NFTなどNFTを代表する団体が出展してます。
関連記事

NFTに活用されているPolygon/MATICって何? 欲しいNFTがPolygonだった!どうやってETHを移すんだろう PolygonにETHをブリッジしようとしたらガス代が高すぎる!どうすればいい?以上のような悩み[…]

NFTで使用されるPolygon/MATICって何?ETHをブリッジする方法や裏技を紹介
以上の中で気になる出展団体の見つけて、その日程に行ってみましょう!
VRアーティストで有名なせきぐち あいみさんもいますね!

NFT WEEKS TOKYOに行ってみた感想

NFT WEEKS TOKYOに行ってみた感想

筆者はdouble jump. tokyoとPolygonの回に行ってきました。

会場は誰でも入れる雰囲気があり、また会場自体がそんなに広くないので、展示されている作品自体は数分あれば見て回ることができます。

個人的には銀座シックスの近くにあって、行きやすかったですね。

double jump. tokyoはマイクリなどのNFTゲームを運営している会社で、このイベントでは鉄腕アトムや火の鳥、ブラックジャックのNFTが飾られていました。

平日でしたが、人が入って賑わっていたので、NFTに対する注目度を感じることができましたね。

イベント内では企業・団体の人と気軽にお話しができるので、NFT業界に対する熱量を感じれます。

ちなみにイベントで披露されていた作品は後日オークションに出されることになっていて、写真の左にある「鉄腕アトム」のNFTは120ETH(約5300万円)で落札されました。

PolygonではTwitterで抽選でNFTを飾れるキャンペーンを実施したこともあって、多くのNFTアーティストがいましたね。

休日だったので会場内は人が多く、動きずらかったですが、こんなにも多くの人がNFTに関わっている人がいるんだなと感じました。

1月にも注目している団体が出展するので、また行っていきたいですね!

コインチェック

NFTに関わっている人はNFT WEEKS TOKYOに行ってみよう!

実際に会場があるNFTのイベントはまだ数少ないので、この機会で行ってみましょう!

他にもメタバースで開かれるイベントなど、多くなっているので注目ですね。

コインチェック

2022年成長する分野で、新たなチャンスを掴みとりませんか?

NFTはまだまだ新しい分野であり、始めるなら今がチャンスです。

NFTには仮想通貨とNFTを取引できるマーケットが必要になります。

これらをまとめて用意できるのはCoincheck(コインチェック)です!

Coincheck(コインチェック)なら仮想通貨口座とCoincheck NFTという利用者限定のNFTマーケットの両方を用意できます。

簡単に登録ができるので、下のボタンから口座開設をしていきましょう!

NFT WEEKS TOKYOが銀座にて開催中!行ってみた感想と概要
最新情報をチェックしよう!
>

ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)の取引には、価格変動、流動性、ネットワークリスク、法令・税制変更等のリスクがございます。NFT-Lab内で掲載している記事は内容を精査した上で掲載、情報発信をしておりますが、本サイトの独自見解による内容も含まれておりますので、予めご了承の上ご利用ください。本サイトで得た情報に基づいて被ったあらゆる被害に関しては、当社及びコンテンツ作成者は一切の責任を負いません。暗号資産(仮想通貨)投資を検討する際は、金融庁の「暗号資産の利用者のみなさまへ」を必ずご一読いただき、投資やその他に関する決定については、すべてご利用者様ご自身の判断に基づいて行っていただくようお願い申し上げます。