OpenSeaでNFTが売れない時に試したい7つのコツ

  • OpenSeaでNFTが売れない。。。どうしよう
  • 売れるNFTを作るコツってある?
  • OpenSeaでNFTが売れない原因を知りたい

以上のような悩みを解決できる記事となっています。

この記事ではOpenSeaNFTが売れない時に試したいコツや、売れない原因、売れるNFTを作るステップを紹介しています。

実際、売れているNFTはこの記事で紹介するコツを押さえており、実践する価値は大いにあるでしょう!

まずは「OpenSeaでNFTが売れない4つの原因」からみていきましょう!

そもそもNFTって何?って方へ

Non-Fungible Tokenの略であり、
ブロックチェーン技術を応用したデジタル資産の一つ。
デジタルコンテンツの唯一性を保てることから注目が集まっています。
NFT(非代替性トークン)とは唯一無二のデジタル資産!加速化するNFT化を1から学ぶ

以下のリンクから、詳しく学べますよ!
  • 取り扱い通貨数が国内No.1
  • 取引画面の見やすさ・使いやすさ
  • アプリダウンロード数、国内No.1
  • 口座開設や取引操作が簡単でスピーディー
  • 取引所の取引手数料が無料
  • 独自のNFTマーケットプレイス
2500円相当のBTCが全員受け取れるキャンペーン実施中
関連記事

現在コインチェックでは2500円分のBTC(ビットコイン)が受け取れるキャンペーンを実施中です!これを逃すと2500円受け取れるキャンペーンはないので、急ぎましょう。[word_balloon id="5" siz[…]

【全員もらえる】2500円分のBTCがコインチェック口座登録で受け取れるキャンペーン実施中

↓その他の仮想通貨取引所はこちらで紹介しています↓

仮想通貨ランキング

OpenSeaでNFTが売れない4つの原因

OpenSeaでNFTが売れない4つの原因

OpenSeaでNFTが売れないのには理由があります。

ここで紹介するNFTが売れない原因を把握しましょう。

原因がわかれば対策も見つかりますよ!

OpenSeaでNFTが売れない4つの原因

1.誰も認知していない
2.価格が高すぎる
3.トレンドを押さえていない
4.作品数が少なすぎる

まだOpenSeaでNFTを作成したことがない人は以下の記事を参考にしてくださいね!

OpenSeaでNFTを作成・出品する方法はこちらから⇒【NFTの作り方・出品方法】OpenSeaを使ったNFTアートの作り方を画像付きで解説!

関連記事

NFTの作り方NFTアートを出品する方法OpenSeaでの出品方法NFT作成するための準備以上のことが記事で紹介されています。この記事で紹介する「 OpenSeaでNFTを作成し、NFTアートを出品する方法3STEP」を見[…]

【NFTの作り方】OpenSeaを使ったNFT作成方法・出品方法を画像付きで解説!

原因1:誰も認知していない

原因1:誰も認知していない

出品しているNFTが認知されなければ、NFTが売れません。

人々の購入行動は基本的に認知→思考→行動(購入)であり、認知は最初の段階だからです。

多くの人がNFTの作品自体の質を上げることに専念していますが、売れるには認知してもらうことが必須であることが抜けている場合があります。

OpenSeaでは出品が簡単なため、膨大な量のNFTが出品されており、購入者があなたのNFTを見つける可能性は低いです。

なのでOpenSeaでNFTを売れるようにするには、認知してもらう活動をすることが大事です。

コインチェック

原因2:価格が高すぎる

原因2:価格が高すぎる

NFTの価格が高すぎるのも売れない原因となります。

適性な価格でないとモノ(NFTを含める)は売れないからです。

同じようにNFTを出品している人を参考にして、現在の売れている市場価格を把握しましょう。

売れてきたら価格を上げていって、ブランド価値を高めるのもいいですね。

まずは同じように出品して、売れている人の価格を参考にしましょう。

原因3:トレンドを押さえていない

原因3:トレンドを押さえていない

トレンドを押さえていないこともNFTが売れない原因となります。

NFTコンテンンツにはトレンドがあり、トレンドを押さえている作品が売れている傾向にあるからです。

具体的にはアイコンにしやすいキャラクターや、ドット絵、擬人化された動物などがあります。

ここで表面的に作品を似せるだけでなく、トレンドの共通点を見つけ、自分なりの作品にするのが大事です。

例えば、「アイコン目的が多いから、アイコンにして可愛いorかっこいいものにする」といったような感じですね。

記事の後半で売れているNFTをあげるので、トレンドを押さえて、自分なりの売れるNFTを作りましょう!

コインチェック

原因4:作品数が少なすぎる

原因4:作品数が少なすぎる

NFTが売れない原因として、作品数が少ないことが挙げられます。

なぜなら作品数が少ないと、購入者は継続して活動している方と判断できず、購入につながらないからです。

NFT購入者はNFTクリエイターがこれからも活動するかどうかも判断基準として取り入れています。

作品数を増やして、NFTを積極的に活動していることをアピールしましょう!

【購入数増加!】OpenSeaでNFTをより売れるようにするコツ7つ

【購入数増加!】OpenSeaでNFTをより売れるようにするコツ

OpenSeaでNFTを売るコツを見ていきましょう!

これらのコツを実践することでOpenSeaでNFTが売れやすくなります。

OpenSeaでNFTをより売れるようにするコツ

・背景やストーリーを作成する
・SNSで集客・告知をする
・イーサリアムで出品する
・購入者フォローをする
・海外向けのコレクションにする
・アイコンにしやすいようにする
・差別化をする

売れるコツ1:背景やストーリーを作成する

売れるコツ1:背景やストーリーを作成する

NFTアートやコンテンツの背景やストーリーを作成しましょう。

なぜならNFTが生まれた背景世界観などが作り込まれていることを判断基準においている方が多いからです。

OpenSeaのコレクションにはNFTの説明を入れることができます。

説明欄に出品しているNFTの説明を細かく入れ、独自の世界観やストーリーを作り出しましょう!

売れるコツ2:SNSで集客・告知をする

売れるコツ2:SNSで集客・告知をする

SNSを活用して、告知・集客を行いましょう。

多くのNFTはOpenSeaで探し出されて、購入されるのではなく、SNSで認知→SNSにあるリンクから購入するパターンがほとんどだからです。

特にTwitterはNFTアーティストの活動が活発であり、SNSを始めるにはオススメですね。

売れるコツ3:イーサリアムで出品する

売れるコツ3:イーサリアムで出品する

イーサリアムで出品してみましょう!

OpenSeaではPolygonでも出品できますが、多くのNFTがイーサリアムで取引されているからです。

さらにPolygonで作られているNFTを買うには購入するまでの手間が多いのも理由になります。

初回出品時にガス代がかかりますが、それ以降は出品時にかからないため、長期で活動を考えている方はイーサリアムにしましょう。

関連記事

OpenSeaにかかるガス代って何?ガス代がかかるタイミングは?OpenSeaのガス代を安くする方法はあるの?以上のようなお悩みを解決します!この記事ではOpenSeaにかかる「ガス代」の概要、ガス代がかかるタイミング、安[…]

【節約術】OpenSeaのガス代は高い?安くする方法や現在の相場を確認する方法を紹介!

また以下の記事ではイーサリアムとPolygonを比較して、どちらのチェーンが向いているかを解説しています。

イーサリアムかPolygonのどっちを使うか迷っている方はこちら⇒OpenSeaでイーサリアムとポリゴン(Polygon)のどちらを使う?メリット・デメリットを比較

関連記事

OpenSeaで出品するけど、イーサリアムとポリゴンどっちがいいの?OpenSeaでポリゴンを使うデメリットは?イーサリアムとポリゴン、どちらのNFTを買うか悩んでいる。以上のようなお悩みを解決します!この記事ではOpen[…]

OpenSeaでイーサリアムとポリゴン(Polygon)のどちらを使う?メリット・デメリットを比較

売れるコツ4:購入者フォローをする

売れるコツ4:購入者フォローをする

NFTを購入してくれた方に感謝メッセージを送るなどのフォローをしましょう!

購入者といい関係を築くと、継続して購入してくれたり、宣伝してくれる可能性があるからです。

やはり購入した後に感謝メッセージが届くと応援したくなりますよね。。。

多くの関係者とより良い関係を築きましょう。

売れるコツ5:海外向けのコレクションにする

売れるコツ5:海外向けのコレクションにする

日本向けではなく、海外向けのコレクションにしてみてはいかがでしょう。

日本にはNFT購入者が少ないですが、海外には購入者が何倍もいるからです。

すぐに変えるのも難しいと思うので、日本語の説明の後に英語の説明つけてみましょう。

売れるコツ6:アイコンにしやすいようにする

売れるコツ6:アイコンにしやすいようにする

NFTにする作品はアイコンにしやすいものがいいですね。

なぜならNFTの使用用途としてTwitterやインスタグラムなどのSNSのアイコンに使われるからです。

SNSのアイコンに使われることによって、作品の認知拡大にもつながります。

またTwitterではNFTアイコンの実装に動き始めているんですよ!

売れるコツ7:差別化をする

売れるコツ7:差別化をする

NFT作品のクオリティを上げるだけではなく、差別化をしていきましょう。

売れているNFTにはメタバースやコミュニティの参加券が付いていたりと差別化が図られています。

「差別化」と一言でいっても、様々な方法があるので、市場調査を行って戦略を立てましょう。

売り方・特典など、あなたなりの付加価値で差別化ができますよ!

参考にするべき売れているNFT

参考にするべき売れているNFT

OpenSeaでNFTが売れないなら、現在売れているNFTを参考にすることで、売れるヒントが見つかりますよ!

ここでは人気のNFTプロジェクトを紹介していきます。

参考1:CryptoNinja

参考1:CryptoNinja

参考:CryptoNinja OpenSea公式ページ

CryptoNinjaとは、イケハヤ氏とイラストレーターのRii2氏が忍者をモチーフとして作成したNFTのコレクションです。

フロア平均価格が13ETH(約36万円)を超えており、OpenSeaで売れているNFTプロジェクトといえます。

忍者をモチーフにしているので海外人気も集められ、世界観も細かく作られていますね。

参考2:CryptoPunks

参考2:CryptoPunks

参考:CryptoPunks OpenSea公式ページ

CryptoPunksは24✕24ピクセルの10,000種類限定デジタルキャラクターのNFTです。

このNFTプロジェクトは高額で取引されており、「CryptoPunk 7804」は約750万ドル(約8億1400万円)という価格で取引されました。

作品の作られ方や背景に統一感があり、NFTブーム前の2017年から始まっている背景があります。

また作品ごとに値段が異なり、10,000種類の中でも希少性のあるものは高額になっていますね。

参考3:Bored Ape Yacht Club (BAYC)

参考3:Bored Ape Yacht Club (BAYC)

参考:BAYC OpenSea公式ページ

Bored Ape Yacht Club (BAYC)はYuga Labsが発行する猿をモチーフにしたNFTコレクションです。

こちらのBAYCも1億円を超える作品もあるなど、かなり高額で取引されています。

BAYCを入手すると、猿の画像をプロフィールに使えるだけでなく、限定コミュニティに参加できるんすね。

また独自メタバースを構築したりと、他のNFTプロジェクトと差別化されています。

OpenSeaで売れるNFTを作るための3ステップ

OpenSeaで売れるNFTを作るための3ステップ

OpenSeaでNFTが売れない悩みは絶えません。

ここでは売れるNFTを作り上げるステップを紹介します。

以下のステップを参考にして、売れるNFTを作り上げていきましょう。

OpenSeaで売れるNFTを作るための3ステップ

STEP1:市場分析をする
STEP2:NFTの世界観や付加価値を決める
STEP3:SNSで告知・フォロワー獲得

STEP1:市場分析をする

まずは市場調査を行いましょう。

ここでは売れているNFTの価格帯、作品の傾向などを調べていきます。

市場調査を行うことで購入者のニーズを掴め、売れるNFTのイメージが掴みやすくなります。

STEP2:NFTの世界観や付加価値を決める

市場調査をしたら、NFTの世界観やストーリー、付加価値などを決めていきましょう。

市場調査で見つけた売れるNFTの共通点などを元に作り上げていきます。

付加価値は限定コミュニティや人気NFTとのコラボなど、他に実現できない価値がつけれると強いですね。

とはいっても、付加価値を作るのは難しいので、一番大事なNFTの世界観を決めて、統一感を出すことです。

STEP3:SNSで告知・フォロワー獲得

世界観や付加価値を作れたら、作品数を増やし、SNSで告知していきましょう!

告知だけでなく、フォロワー獲得することも大事です。

なぜならフォロワーが多い方が信頼感も増し、人気のNFTだと認められるからです。

フォロワー獲得では、認知拡大のgive awayやコラボNFTの作成、他クリエイターとのコミュニケーションなどが効果的です。

OpenSeaで売れないNFTを売れるものに変化させよう!

OpenSeaで売れないNFTを売れるものに変化させよう!

上記ではOpenSeaでNFTが売れない原因・売れるようにするコツ・売れるNFTを作る手順を紹介しました。

これらを実践することであなたが作成したNFTは売れるようになるでしょう!

まだNFTは始まったばかりの市場です。

もう遅いと諦めるのではなく、いろんな売り方・作品を試して、売れるNFTを作り上げていきましょう。

関連記事

OpenSeaって何だろう。OpenSeaの始め方を知りたい!OpenSeaの登録方法を見たい以上の要望に答える内容になっています。この記事では世界最大級のNFTマーケットであるOpenSea(オープンシー)の概要から登録[…]

【OpenSeaの始め方】誰でもできる失敗しない設定・登録方法を解説
関連記事

OpenSeaアプリの使い方・始め方は?アプリ版OpenSeaでNFTは買えるの?OpenSeaアプリでの設定は?以上のような悩みを解決できる記事となっています。この記事では世界最大量の取引量を誇るOpenSeaのアプリを[…]

【使っていますか?】OpenSeaアプリ版の使い方・設定方法を紹介
関連記事

NFTって儲かるの??最近聞くNFTで儲けてみたい!NFTで儲ける方法を知りたい。以上のような悩みを解決できる記事となっています。この記事ではNFT(非代替性トークン)で儲かる方法を4つ紹介しており、自分に合った方法・始め[…]

NFTは儲かるの?4つの方法(転売・出品・ゲーム・投資)と注意点を紹介

コインチェック

2022年成長する分野で、新たなチャンスを掴みとりませんか?

NFTはまだまだ新しい分野であり、始めるなら今がチャンスです。

NFTには仮想通貨とNFTを取引できるマーケットが必要になります。

これらをまとめて用意できるのはCoincheck(コインチェック)です!

Coincheck(コインチェック)なら仮想通貨口座とCoincheck NFTという利用者限定のNFTマーケットの両方を用意できます。

簡単に登録ができるので、下のボタンから口座開設をしていきましょう!

OpenSeaでNFTが売れない時に試したい7つのコツと
最新情報をチェックしよう!
>

ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)の取引には、価格変動、流動性、ネットワークリスク、法令・税制変更等のリスクがございます。NFT-Lab内で掲載している記事は内容を精査した上で掲載、情報発信をしておりますが、本サイトの独自見解による内容も含まれておりますので、予めご了承の上ご利用ください。本サイトで得た情報に基づいて被ったあらゆる被害に関しては、当社及びコンテンツ作成者は一切の責任を負いません。暗号資産(仮想通貨)投資を検討する際は、金融庁の「暗号資産の利用者のみなさまへ」を必ずご一読いただき、投資やその他に関する決定については、すべてご利用者様ご自身の判断に基づいて行っていただくようお願い申し上げます。