【スマホ・PCブラウザ版】OpenSeaの英語表記を日本語にする方法

  • OpenSeaの英語表記を日本語に変えたい!
  • スマホでOpenSeaを使っているけど、日本語にできる?
  • アプリ版は日本語表記にできるの?

以上のような悩みを解決できる記事となっています。

これからこの記事で紹介する方法を使えば、簡単にOpenSeaの表記を英語から日本語にすることができます。

簡単に日本語にできるので試してみましょう!

そもそもNFTって何?って方へ

Non-Fungible Tokenの略であり、
ブロックチェーン技術を応用したデジタル資産の一つ。
デジタルコンテンツの唯一性を保てることから注目が集まっています。
NFT(非代替性トークン)とは唯一無二のデジタル資産!加速化するNFT化を1から学ぶ

以下のリンクから、詳しく学べますよ!
  • 取り扱い通貨数が国内No.1
  • 取引画面の見やすさ・使いやすさ
  • アプリダウンロード数、国内No.1
  • 口座開設や取引操作が簡単でスピーディー
  • 取引所の取引手数料が無料
  • 独自のNFTマーケットプレイス
2500円相当のBTCが全員受け取れるキャンペーン実施中
関連記事

現在コインチェックでは2500円分のBTC(ビットコイン)が受け取れるキャンペーンを実施中です!これを逃すと2500円受け取れるキャンペーンはないので、急ぎましょう。[word_balloon id="5" siz[…]

【全員もらえる】2500円分のBTCがコインチェック口座登録で受け取れるキャンペーン実施中

↓その他の仮想通貨取引所はこちらで紹介しています↓

仮想通貨ランキング

PCブラウザでOpenSeaの表記を英語から日本語にする方法

 PCブラウザでOpenSeaの表記を英語から日本語にする方法

PC版のOpenSeaを英語表記から日本語表記にする方法をみていきましょう!

まず、ブラウザはGoogle Chromeを用意します。

Google Chromeをインストールしていない方は以下のリンクから追加できます。

インストールが済んだらChromeでOpenSeaのページを開きます。

OpenSeaの表記を英語から日本語に変える方法

するとURLが記載されている欄の右端に翻訳マークが出現します。

すると「英語 日本語」とあるので、「日本語」をクリックすれば、OpenSeaの表記を日本語にすることができます。

OpenSeaの表記を英語から日本語に変える方法

上の画像のように、表記が英語から日本語になれば、変更は完了です!

PC版OpenSeaの表記を英語に戻す方法

OpenSeaの日本語表記がおかしい

日本語に変えると、上の画像のように見えにくい部分があり、使いにくさを感じる時があります。

これは日本語と英語の単語の長さが違うため、このような現象がおきます。

このように日本語表記でOpenSeaが見にくい場合は英語に表記を戻すことによって解決しますよ!

戻し方は先ほどの日本語にする方法の逆になりますね。

OpenSeaの表記を日本語から英語に戻す

まず英語に戻したいページのURLが記載されている右端の翻訳マーク(画像の赤枠)をクリックします。

OpenSeaの表記を日本語から英語に戻す方法2

すると「英語 日本語」とあるので、「英語」を選択すると英語表記に戻せます。

OpenSeaの表記を日本語から英語に戻った画像

上の画像のように表記が英語に戻ったら完了です。

コインチェック

スマホブラウザでOpenSeaの表記を英語から日本語にする方法

スマホブラウザでOpenSeaの表記を英語から日本語に戻す方法を紹介します。

まずはGoogle Chromeのアプリをスマホにインストールしましょう。

Google Chromeのアプリは以下のリンクからダウンロードできます。

Google ChromeでOpenSeaの英語表記を日本語にする方法

Google ChromeでOpenSeaを開いたら、「ページを翻訳しますか?」とあるので、右側の「翻訳」をタップしましょう。

すると上の右側の画像のように日本語表記されます。

Google ChromeでOpenSeaの日本語表記を英語表記にする方法

また日本語表記を英語表記に戻す方法です。

OpenSeaのリンク欄の左側にある翻訳マークをタップします。

真ん中の画像のように表示されるので「原文のページ(英語表記)を表示」を選択しましょう。

すると元の英語表記に戻すことができます。

まだまだ日本語表記だと、サイトの表示が崩れてしまうことが多いから、基本は英語表記が使いやすいですね。

アプリ版OpenSeaでは日本語の表記ができない

アプリ版OpenSeaが登場

結論、アプリ版のOpenSeaでは日本語にすることができません。

なぜならこれまで紹介した日本語表記にする方法はGoogle Chromeの機能を使った方法で、アプリ自体に翻訳機能がないからです。

しかし、最近はOpenSeaも多言語蚊に取り組んでいますので、日本語で利用できる日も近いかもしれません!

アプリ版のOpenSeaに関しては以下の記事で詳しく解説しています。

OpenSeaのアプリに関してはこちらから⇒【使っていますか?】OpenSeaアプリ版の使い方・設定方法を紹介

関連記事

OpenSeaアプリの使い方・始め方は?アプリ版OpenSeaでNFTは買えるの?OpenSeaアプリでの設定は?以上のような悩みを解決できる記事となっています。この記事では世界最大量の取引量を誇るOpenSeaのアプリを[…]

【使っていますか?】OpenSeaアプリ版の使い方・設定方法を紹介
コインチェック

OpenSeaを日本語にしてみよう

上記の記事ではPC版とスマホ版に分けて、OpenSeaの表記を英語から日本語にする方法を紹介してきました。

以下の記事ではOpenSeaをNFTで販売してみたのに、売れない時に試したいコツを紹介しています。

NFTを売るコツや売れない原因はこちら⇒OpenSeaでNFTが売れない時に試したい7つのコツ

関連記事

OpenSeaでNFTが売れない。。。どうしよう売れるNFTを作るコツってある?OpenSeaでNFTが売れない原因を知りたい以上のような悩みを解決できる記事となっています。この記事ではOpenSeaでNFTが売れない時に[…]

OpenSeaでNFTが売れない時に試したい7つのコツと

コインチェック

2022年成長する分野で、新たなチャンスを掴みとりませんか?

NFTはまだまだ新しい分野であり、始めるなら今がチャンスです。

NFTには仮想通貨とNFTを取引できるマーケットが必要になります。

これらをまとめて用意できるのはCoincheck(コインチェック)です!

Coincheck(コインチェック)なら仮想通貨口座とCoincheck NFTという利用者限定のNFTマーケットの両方を用意できます。

簡単に登録ができるので、下のボタンから口座開設をしていきましょう!

【スマホ・PCブラウザ版】OpenSeaの英語表記を日本語にする方法
最新情報をチェックしよう!
>

ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)の取引には、価格変動、流動性、ネットワークリスク、法令・税制変更等のリスクがございます。NFT-Lab内で掲載している記事は内容を精査した上で掲載、情報発信をしておりますが、本サイトの独自見解による内容も含まれておりますので、予めご了承の上ご利用ください。本サイトで得た情報に基づいて被ったあらゆる被害に関しては、当社及びコンテンツ作成者は一切の責任を負いません。暗号資産(仮想通貨)投資を検討する際は、金融庁の「暗号資産の利用者のみなさまへ」を必ずご一読いただき、投資やその他に関する決定については、すべてご利用者様ご自身の判断に基づいて行っていただくようお願い申し上げます。