どこでNFTの無料配布が行われている?受け取るのに必要なものやQ&Aを紹介

  • NFTが無料配布されているって本当?
  • NFTの無料配布を受け取るのに必要なものを知りたい!
  • TwitterでNFT無料配布が行われているけど何が必要なの?

以上のような悩みを解決できる記事です!

NFTは〜千万円や〜億円など高額で取引される面が注目されますが、無料で受け取れるNFTもあるんですよ!

最近はクリエイターや企業がイベントや集客でNFTを無料配布することが増えてきました。

今回はそんなNFTの無料配布を受け取るのに必要なものや、無料配布に当たってよくある質問をまとめました!

そもそもNFTって何?って方へ

Non-Fungible Tokenの略であり、
ブロックチェーン技術を応用したデジタル資産の一つ。
デジタルコンテンツの唯一性を保てることから注目が集まっています。
NFT(非代替性トークン)とは唯一無二のデジタル資産!加速化するNFT化を1から学ぶ

以下のリンクから、詳しく学べますよ!
  • 取り扱い通貨数が国内No.1
  • 取引画面の見やすさ・使いやすさ
  • アプリダウンロード数、国内No.1
  • 口座開設や取引操作が簡単でスピーディー
  • 取引所の取引手数料が無料
  • 独自のNFTマーケットプレイス
2500円相当のBTCが全員受け取れるキャンペーン実施中
関連記事

現在コインチェックでは2500円分のBTC(ビットコイン)が受け取れるキャンペーンを実施中です!これを逃すと2500円受け取れるキャンペーンはないので、急ぎましょう。[word_balloon id="5" siz[…]

【全員もらえる】2500円分のBTCがコインチェック口座登録で受け取れるキャンペーン実施中

↓その他の仮想通貨取引所はこちらで紹介しています↓

仮想通貨ランキング

NFTが無料配布されている場所2つ

NFTを無料配布せれている場所を2つ紹介します!

NFTを買うのはまだ気が引けるっていう方も、無料で受け取れるのでこれを機にNFTに触れてみましょう。

NFTが無料配布されている場所2つ

  1. Twitterの「NFTGiveaway」
  2. NFTに関するイベント

無料配布1:Twitterの「NFTGiveaway」

🎁#NFTGiveaway 🎁

CryptoAvatarsシリーズの虹色ゴリラアバターを抽選で一名様にプレゼント!

■応募方法
@Dolphin_NFT をフォロー
・このツイートをRT & ❤️

■締め切り : 24時間後

虹色は以前0.1ETHでの取引もあった人気作品です!ご応募お待ちしております🙇‍♂️https://t.co/PJfTWUJZpE pic.twitter.com/hRaPVEbhrD

— ドル/Dolphin (@Dolphin_NFT) November 14, 2021

TwitterではNFTGiveawayのタグを使って無料配布しているクリエイターが多くいます。

なぜならNFTアートのクリエイターはフォロワーを増やす目的があるからです。

TwitterでNFTGiveawayと検索してみると多くのNFT無料配布に関する投稿が見れますよ!

気に入った作品のNFTGiveawayに参加してみるといいかもしれませんね!

コインチェック

無料配布2:NFTに関するイベント

NFTに関するイベントではNFT無料配布されることがあります。

京まふ2021というイベントでは「NFT Airdrop」という無料配布サービスを使って記念NFTが参加者NFTが配られました。

このNFTAirdropはウォレット送信やQRコード配布で無料配布できるので、リアルイベントや生配信イベントでも活用されます。

これからもNFTに関するイベントは増えていくので、参加してみましょう!

NFTの無料配布を受け取るために必要なもの

上記で紹介したNFT無料配布を受け取るために必要なものを紹介します。

いつどのような形で配布されてもいいように、全て用意しましょう!

NFTの無料配布を受け取るために必要なもの

  1. メタマスク(MetaMask)
  2. 各NFTマーケットのアカウント
  3. 仮想通貨口座
コインチェック

必要なもの1:メタマスク(MetaMask)

NFTの無料配布を受け取るために必要なもの1:メタマスク

無料配布の受け取り先として、メタマスクのアドレスに送られることが多いですね!

なぜならメタマスクはNFTや仮想通貨に触れている人はほぼ全ての人が使っているWebウォレットだからです。

受け取ったNFTはスマホ版のメタマスクで確認できるんですね!

NFTの管理以外にもイーサリアムなどの仮想通貨の管理にも使えるので、まだ持っていない方は用意しましょう。

Google Chromeの拡張機能から簡単に追加できますよ!以下のリンクから追加しましょう。

MetaMaskを追加する

またメタマスクについては以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事

MeatMask(メタマスク)の使い方を知りたい!MetaMaskって何?画像付きの解説で設定をすすめたい。トークンやネットワークの追加方法は?この記事では以上のような悩みを解決できる記事となっています。イーサリアム系We[…]

MetaMaskの使い方を徹底解説!導入やETHの追加・送金やトークンの追加方法まで!

必要なもの2:各NFTマーケットのアカウント

各マーケットのアカウントを用意しましょう!

なぜなら配布をするのにNFTマーケットを指定されることがあるからです。

同じマーケットなら配布やNFTの確認も行いやすいんですよ!

NFTマーケットについては以下の記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

関連記事

NFTマーケットプレイスってどんな種類あるの?日本のNFTマーケットプレイスを知りたい!NFTマーケットプレイスを使うときの注意点って?以上の悩みを解決できる記事となっています。近年話題になっているNFTを取引できるNFT[…]

【必見】日本と海外のNFTマーケットプレイスを8つ紹介!

必要なもの3:仮想通貨口座

配布されたNFTを送信したり、二次流通させるには仮想通貨が必要になる場合があります。

またNFTは主にイーサリアムのブロックチェーンで作られているのでETHという仮想通貨が必要になります。

初めて仮想通貨口座を開く方はCoincheck(コインチェック)がオススメです!

CoincheckCoincheck NFTという独自のNFTマーケットもあり、取引所での手数料が無料なので初めての方にぴったりなんですよ!

コインチェック

NFTの無料配布に関するQ&A3つ

NFTの無料配布に関するQ&A3つ

NFTの無料配布に関する質問を集めました。

細かい疑問はここで解決しましょう!

NFTの無料配布に関するQ&A3つ

  1. 配布されたNFTを二次流通できますか?
  2. NFTアートを使って他の商品を売れますか?
  3. NFT配布におすすめのブロックチェーンは?

配布されたNFTを二次流通できますか?

二次販売は基本的には可能です。

配布されたNFTのブロックチェーンを確認して、同じブロックチェーンを使ったマーケットで流通できますね。

しかし、配布した側から二次流通を禁止する旨を伝えらられた場合はやめましょう。

NFTアートを使って他の商品を売れますか?

NFT自体は二次流通できますが、NFTアートの絵を使った商品は売ることができません。

なぜならNFT=著作権ではないからです。

なので勝手にNFTアートを他の商品として使おうとすると著作権違反になるのでやめましょう!

しかし、NFTアートを配布した人から許可をもらえれば、アートの二次的な利用が可能になります。

NFT配布におすすめのブロックチェーンは?

NFT配布するならPolygonというブロックチェーン(ネットワーク)がおすすめです。

なぜならPolygonならNFT作成や販売にかかるイーサリアムの高額なガス代をかなり低額に抑えられるからです。

Polygonはイーサリアムのユーザー過多から生じる問題を解決するために生まれたものです。

以下の記事でPolygonについて紹介しているのでチェックしてみてください!

関連記事

NFTに活用されているPolygon/MATICって何? 欲しいNFTがPolygonだった!どうやってETHを移すんだろう PolygonにETHをブリッジしようとしたらガス代が高すぎる!どうすればいい?以上のような悩み[…]

NFTで使用されるPolygon/MATICって何?ETHをブリッジする方法や裏技を紹介

【まとめ】NFT無料配布を受け取ってみよう!

この記事ではNFTの無料配布に必要なものや行われている場所などを紹介しました。

まだ自分のお金を使ってまでNFTを買うのはちょっと。。。。っていう方も無料配布n参加してみるのはいかがでしょうか!

まだ仮想通貨取引所の口座を持っていない人はbitbankがオススメです!

PCやスマホでも取引が可能で、さらに使いやすいデザインで仮想通貨口座を始めて作る人にはピッタリですよ!

bitbank

コインチェック

2022年成長する分野で、新たなチャンスを掴みとりませんか?

NFTはまだまだ新しい分野であり、始めるなら今がチャンスです。

NFTには仮想通貨とNFTを取引できるマーケットが必要になります。

これらをまとめて用意できるのはCoincheck(コインチェック)です!

Coincheck(コインチェック)なら仮想通貨口座とCoincheck NFTという利用者限定のNFTマーケットの両方を用意できます。

簡単に登録ができるので、下のボタンから口座開設をしていきましょう!

どこでNFTの無料配布が行われている?受け取るのに必要なものやQ&Aを紹介
最新情報をチェックしよう!
>

ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)の取引には、価格変動、流動性、ネットワークリスク、法令・税制変更等のリスクがございます。NFT-Lab内で掲載している記事は内容を精査した上で掲載、情報発信をしておりますが、本サイトの独自見解による内容も含まれておりますので、予めご了承の上ご利用ください。本サイトで得た情報に基づいて被ったあらゆる被害に関しては、当社及びコンテンツ作成者は一切の責任を負いません。暗号資産(仮想通貨)投資を検討する際は、金融庁の「暗号資産の利用者のみなさまへ」を必ずご一読いただき、投資やその他に関する決定については、すべてご利用者様ご自身の判断に基づいて行っていただくようお願い申し上げます。