NFTに必要なものは4つ!最低限の知識や用意するものを紹介

  • NFTに必要なものを知りたい!
  • NFTを買ってみたいけど何を準備すればいいのかな。
  • 最低限押さえておくべき知識って?

以上のような悩みを解決できる記事となっています。

この記事で紹介する「NFTに必要なもの4つ」を見れば、NFTの購入や閲覧、作成に最低限必要なものは揃えられますよ!

私もNFTから仮想通貨系の情報に触れましたが、以下のものを用意してスムーズにNFTの購入ができました。

それではみていきましょう!

そもそもNFTって何?って方へ

Non-Fungible Tokenの略であり、
ブロックチェーン技術を応用したデジタル資産の一つ。
デジタルコンテンツの唯一性を保てることから注目が集まっています。
NFT(非代替性トークン)とは唯一無二のデジタル資産!加速化するNFT化を1から学ぶ

以下のリンクから、詳しく学べますよ!
  • 取り扱い通貨数が国内No.1
  • 取引画面の見やすさ・使いやすさ
  • アプリダウンロード数、国内No.1
  • 口座開設や取引操作が簡単でスピーディー
  • 取引所の取引手数料が無料
  • 独自のNFTマーケットプレイス
2500円相当のBTCが全員受け取れるキャンペーン実施中
関連記事

現在コインチェックでは2500円分のBTC(ビットコイン)が受け取れるキャンペーンを実施中です!これを逃すと2500円受け取れるキャンペーンはないので、急ぎましょう。[word_balloon id="5" siz[…]

【全員もらえる】2500円分のBTCがコインチェック口座登録で受け取れるキャンペーン実施中

↓その他の仮想通貨取引所はこちらで紹介しています↓

仮想通貨ランキング

NFTに必要なもの4つ

NFTに必要なものを4つ紹介します!

まだ仮想通貨やNFTに触れたことない方は参考にしてください。

どれも無料で用意できるので安心してくださいね。

NFTに必要なもの4つ

  1. メタマスク(MetaMask)
  2. NFTマーケットのアカウント
  3. 仮想通貨
  4. NFT化するコンテンツ

必要なもの1:メタマスク(MetaMask)

NFTに必要なもの1:メタマスク

NFTに触れる上でメタマスク(MetaMask)は必要になります!

なぜならメタマスクはNFTの保管や仮想通貨の管理、仮想通貨に関わるサービスに接続できるからです!

メタマスクはGoogle Chromeの拡張機能となっており、以下のリンクから簡単に追加できます。

MetaMaskを追加する

実際にはメタマスクに資金(仮想通貨)を送金して、メタマスクに接続しているサービスでNFTを購入したり、他の仮想通貨に交換を行います。

メタマスクの設定方法や詳しい使い方は以下の記事で詳しく解説していますよ!

関連記事

MeatMask(メタマスク)の使い方を知りたい!MetaMaskって何?画像付きの解説で設定をすすめたい。トークンやネットワークの追加方法は?この記事では以上のような悩みを解決できる記事となっています。イーサリアム系We[…]

MetaMaskの使い方を徹底解説!導入やETHの追加・送金やトークンの追加方法まで!
コインチェック

必要なもの2:NFTマーケットのアカウント

NFTに必要なもの2:NFTマーケットプレイスのアカウント

NFTマーケットプレイスのアカウントを作りましょう。

なぜならNFTマーケットプレイスでNFTの作成をしたり、NFTの取引が行われているからです。

マーケットの中には誰でもNFTを作成できるところもあれば、クリエイター審査のあるマーケットもあります!

以下の記事で主要なNFTマーケットプレイスを紹介しているので参考にしてください。

まず初めにNFTマーケットプレイスのアカウント作るならOpenSeaをお勧めします!

世界最大量の取引量を誇り、誰でも無料でNFTを作成できるからです。

Openseaについては以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事

OpenSeaって何だろう。OpenSeaの始め方を知りたい!OpenSeaの登録方法を見たい以上の要望に答える内容になっています。この記事では世界最大級のNFTマーケットであるOpenSea(オープンシー)の概要から登録[…]

【OpenSeaの始め方】誰でもできる失敗しない設定・登録方法を解説

必要なもの3:仮想通貨

NFTに必要なもの3:仮想通貨

NFTはブロックチェーンの技術であり、購入やNFT作成には仮想通貨が必要になります。

多くのNFTはイーサリアムで取引されているので、イーサリアム(ETH)を用意しましょう!

関連記事

NFTとイーサリアムの関係は?イーサリアムでNFTが買えるマーケットを知りたい!イーサリアムでNFTを作るときの注意点は?このような悩みを解決できる記事となっています!多くのNFTコンテンツがイーサリアムで取引がされており[…]

イーサリアムでNFTを買う

イーサリアムのガス代が気になる方はPolygonを使うことをオススメします。

ガス代を極端に減らせますよ!

関連記事

NFTに活用されているPolygon/MATICって何? 欲しいNFTがPolygonだった!どうやってETHを移すんだろう PolygonにETHをブリッジしようとしたらガス代が高すぎる!どうすればいい?以上のような悩み[…]

NFTで使用されるPolygon/MATICって何?ETHをブリッジする方法や裏技を紹介

また、イーサリアムは仮想通貨取引所で購入する必要があります。

記事の後半でおすすめの仮想通貨取引所を紹介するので参考にしてくださいね!

コインチェック

必要なもの4:NFT化するコンテンツ

NFTアートの購入方法を徹底解説!実際にOpenSeaを使って紹介

NFTを作成したい人はコンテンツも用意しましょう!

デジタルアート、写真、音楽などのコンテンツをNFT化できます。

NFTとして売られているものは以下の記事で紹介しているので、コンテンツ選びの参考にしてください!

関連記事

NFTとして売れるものはなんだろうNFTコンテンツで売れたものはどのマーケットで取引されているの?このような悩みを解決できる記事となっています!この記事を読むことでNFTとして売れるものはどんなものか、実際にNFT化して売[…]

NFTとして売れるものはどんなもの?実際に売られているものやマーケットを紹介!

また実際にNFTマーケットを覗いて、コンテンツ選びをしても良いかもしれませんね。

NFTに必要な仮想通貨が買える取引所3つ

NFTの購入や作成などには仮想通貨が必要になります。

主にイーサリアムのブロックチェーンでNFTはERC-721という規格で作られているため、イーサリアム(ETH)を入手しましょう!

ここではイーサリアムの購入ができるおすすめの取引所を3つ紹介します。

必要なものを全て揃えて準備していきます!

NFTに必要な仮想通貨が買える取引所3つ

  1. bitbank(ビットバンク)
  2. Huobi Japan(フォビジャパン
  3. BITPOINT(ビットポイント)

マイナス手数料が特徴的な:bitbank(ビットバンク)

bitbank

bitbankは多くのアルトコインを取り扱う仮想通貨取引所です。

PCでもスマホでも取引ができるため、欲しいNFTを見つけたらどこでも仮想通貨を得ることができます。

デザインが分かりやすく操作性に優れているので、初めての方でも安心して使うことができますね。

bitbank.ccの取引プラットフォームは、オーダーブック(取引板)方式なので透明性の高いお取引が可能なのも特徴です。

またアルトコイン取引ではメイカー(取引板にない価格で注文を出すこと)においてマイナス手数料を導入しているので、メイカーで取引すればする程、資産が増えるんですよ!

全14銘柄の暗号資産と29銘柄ペアを扱っている:Huobi Japan(フォビジャパン)

フォビジャパン(Huobi Japan)

Huobi Japan(フォビジャパン)高セキュリティの暗号資産取引や資産管理サービスを世界170カ国、数千万人のユーザーに提供している信頼性の高い取引所です。

フォビトークンというオリジナルのガバナンストークンがあり、取引ボリュームとフォビトークンの保有量に応じて、取引所の取引手数料が最大92%オフになります。

全14銘柄の暗号資産と29銘柄ペアを扱っているため、多くの通貨に触れてみたい人にオススメの仮想通貨取引所となります。

とにかく安く仮想通貨を手に入れるなら:BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

BITPOINT(ビットポイント)は取引可能な仮想通貨は5種類と少ないですが、手数料が常時無料の魅力的な仮想通貨取引所となります。

今まで入金の遅さが指摘されていましたが、新サービスになってからモアタイムシステムを利用した決済システムが導入され、入金スピードが上がりました。

とりあえずNFTを得るためにイーサリアムが必要な方にオススメですね!

また、現物取引以外にレバレッジをかけれる信用取引やFX取引ができるんですよ。

FXトレーダーが愛用するMT4を使えるのも魅力的なポイントとなります。

NFTに関する必要な知識2つ

NFTでは準備するもの以外にも、必要な知識があります。

ここでは仮想通貨などに触れる方でも最低限知っておくべき知識を紹介しますよ!

損やトラブルに巻き込まれないためにも知っておきましょう!

NFTに関する必要な知識2つ

  1. ガス代
  2. 著作権について

ガス代

これまでの文章でも紹介した通り、イーサリアム上でのNFTの作成や資金の交換はガス代が発生します。

ガス代(Gas fee)はイーサリアムブロックチェーン上でアクションを起こす時にかかる費用です。

このガス代は高い時には3000円ほどかかることもあり、NFT参加者の頭を抱えさせています。

これらのイーサリアムの問題を解決するためにPolygonというものが開発されましたが、公式ホームページを使うとブリッジに1万円以上のガス代がかかってしまします。

以下の記事ではPolygonにイーサリアムを格安で移す方法を紹介しているので、ETH(イーサリアム)を入手したら参考にしてください!

著作権について

NFT=著作権ではありません!

NFTはブロックチェーンを利用して唯一無二と証明できるものってだけで、作品の著作権を得たわけではないんですね。

現実の世界に例えると、唯一無二のサイン入りイラストをもらっても、そのイラストを使って他の商品を販売できないのと一緒です。

しかし、NFTの作成者から著作権譲渡の旨を伝えられた場合は例外となります。

【まとめ】必要なものを揃えてNFTの世界に入ろう!

以上で紹介した「NFTに必要なもの4つ」を読めば、必要なものが理解して簡単に揃えることができます。

今回紹介したのは必要最低限のもので全て無料で準備できるので、これを機に用意しましょう!

最後に復習です!

NFTに必要なもの4つ

  1. メタマスク(MetaMask)
  2. NFTマーケットのアカウント
  3. 仮想通貨
  4. NFT化するコンテンツ

NFTに必要な仮想通貨が買える取引所3つ

  1. bitbank(ビットバンク)
  2. Huobi Japan(フォビジャパン
  3. BITPOINT(ビットポイント)

準備が揃ったら、次はNFTの作成方法をみていきましょう!

関連記事

NFTの作り方NFTアートを出品する方法OpenSeaでの出品方法NFT作成するための準備以上のことが記事で紹介されています。この記事で紹介する「 OpenSeaでNFTを作成し、NFTアートを出品する方法3STEP」を見[…]

【NFTの作り方】OpenSeaを使ったNFT作成方法・出品方法を画像付きで解説!

コインチェック

2022年成長する分野で、新たなチャンスを掴みとりませんか?

NFTはまだまだ新しい分野であり、始めるなら今がチャンスです。

NFTには仮想通貨とNFTを取引できるマーケットが必要になります。

これらをまとめて用意できるのはCoincheck(コインチェック)です!

Coincheck(コインチェック)なら仮想通貨口座とCoincheck NFTという利用者限定のNFTマーケットの両方を用意できます。

簡単に登録ができるので、下のボタンから口座開設をしていきましょう!

NFTに必要なものは4つ!最低限の知識や用意するものを紹介
最新情報をチェックしよう!
>

ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)の取引には、価格変動、流動性、ネットワークリスク、法令・税制変更等のリスクがございます。NFT-Lab内で掲載している記事は内容を精査した上で掲載、情報発信をしておりますが、本サイトの独自見解による内容も含まれておりますので、予めご了承の上ご利用ください。本サイトで得た情報に基づいて被ったあらゆる被害に関しては、当社及びコンテンツ作成者は一切の責任を負いません。暗号資産(仮想通貨)投資を検討する際は、金融庁の「暗号資産の利用者のみなさまへ」を必ずご一読いただき、投資やその他に関する決定については、すべてご利用者様ご自身の判断に基づいて行っていただくようお願い申し上げます。