NFTとして売れるものはどんなもの?実際に売られているものやマーケットを紹介!

  • NFTとして売れるものはなんだろう
  • NFTコンテンツで売れたものは
  • どのマーケットで取引されているの?

このような悩みを解決できる記事となっています!

この記事を読むことでNFTとして売れるものはどんなものか、実際にNFT化して売れたものを知ることができますよ。

そもそもNFTって何?って方へ

Non-Fungible Tokenの略であり、
ブロックチェーン技術を応用したデジタル資産の一つ。
デジタルコンテンツの唯一性を保てることから注目が集まっています。
NFT(非代替性トークン)とは唯一無二のデジタル資産!加速化するNFT化を1から学ぶ

以下のリンクから、詳しく学べますよ!
  • 取り扱い通貨数が国内No.1
  • 取引画面の見やすさ・使いやすさ
  • アプリダウンロード数、国内No.1
  • 口座開設や取引操作が簡単でスピーディー
  • 取引所の取引手数料が無料
  • 独自のNFTマーケットプレイス
2500円相当のBTCが全員受け取れるキャンペーン実施中
関連記事

現在コインチェックでは2500円分のBTC(ビットコイン)が受け取れるキャンペーンを実施中です!これを逃すと2500円受け取れるキャンペーンはないので、急ぎましょう。[word_balloon id="5" siz[…]

【全員もらえる】2500円分のBTCがコインチェック口座登録で受け取れるキャンペーン実施中

↓その他の仮想通貨取引所はこちらで紹介しています↓

仮想通貨ランキング

NFTとして売れるものとは

NFTにするもの

現実にあるもの、そして現実にはない無形のものまでNFTとして売ることができるんですよ!

コピーや盗作のされやすいデジタルコンテンツもNFTを使うことによってオリジナルのものだと証明ができ、価値が保たれるからです。

例えばTwitterのジャック・ドーシーCEOの初ツイートがNFTコンテンツとして約3億円で落札されたりと、無形であるツイートをNFTによって売ることができています。

デザイン案やデジタルアート、ゲームキャラクター、ドメインなど今まで高値で売れるものではないと思っていたものが売れるようになっていますよ。

またNFTの作り方は以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

NFTの作り方NFTアートを出品する方法OpenSeaでの出品方法NFT作成するための準備以上のことが記事で紹介されています。この記事で紹介する「 OpenSeaでNFTを作成し、NFTアートを出品する方法3STEP」を見[…]

【NFTの作り方】OpenSeaを使ったNFT作成方法・出品方法を画像付きで解説!

実際にNFTとして売れたもの

NFTアートの購入方法を徹底解説!実際にOpenSeaを使って紹介

ここでは実際にNFTコンテンツとして売れたものを紹介します!

ゲーム、デジタルアート、仮想空間の土地など様々なものNFTコンテンツとして取引されていますね。

実際に売れたものを参考にして、NFTの可能性を感じてくださいね。

実際にNFT化して売れたもの

  1. ブロックチェーンゲーム
  2. デジタルアート
  3. 仮想世界(メタバース)上の土地
  4. 音楽

NFTの基本的な知識や発展、売れているものやジャンル、著作権などの法律が気になる方は以下の本がオススメです!

コインチェック

売れるもの1:ブロックチェーンゲーム

メリット1:NFTゲームを多く取り揃えている

NFTにおいてはブロックチェーンゲームが1番普及しています。

ブロックチェーンゲームではキャラクターやカードをNFTとして売買したり、異なるゲームで使うことも可能なんですよ!

なぜならブロックチェーンゲームのNFTは共通規格に従って作られていることがほとんどだからです。

多くのマーケットプレイスでもNFTゲームのキャラやアイテム、トレーディングカードが取引されていますね。

関連記事

NFTゲームってなんだろう?オススメのNFTゲームは?NFTゲームで稼ぐことができるって本当?このような悩みを解決できる記事となっています!NFTゲームはNFTの分野の中でも古くからあるもので海外では多くの人がプレイしてい[…]

NFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)とは?稼げるゲームや特徴を紹介!

NFTを扱うブロックチェーンゲーム例

売れるもの2:デジタルアート

NFTの活用例:アート

デジタルアートはNFT化されて、OpenSeaやSuperRareなどのマーケットプレイスで売られています。

特に2021年はNFT化されたデジタルアートが高値で売れたことで話題を呼びましたね。

例えば18歳のビクター・ラングロワ氏が販売したデジタルアートが216万ドル(約2億4000万)の値がつきました。

日本人でもVRアーティストの「せきぐちあいみ」さんの作品が1300万円で落札したりと、多くのアーティストがNFTを使って、自身の作品を売り出しています。

関連記事

NFTアートの購入方法がわからない!OpenSeaでNFTアートを購入するのに必要なものって何?OoenSeaでNFTアートを購入する過程を見てみたい!この記事では以上のような悩みを解決できる記事となっています。NFTアー[…]

NFTアートの購入方法を徹底解説!実際にOpenSeaを使って紹介
コインチェック

売れるもの3:メタバース(仮想空間)の土地やアイテム

売れるもの3:仮想世界(メタバース)上の土地

NFTを使ってメタバース(仮想空間)の土地やアイテムが売れています。

例えば、ディセントラランドと呼ばれる仮想空間プラットフォームでは4万1216仮想平方メートルの土地区画が57万2000ドルで売却されました。

また、アメリカゲーム大手のアタリがブロックチェーン技術を使った独自の仮想空間の立ち上げを計画したりと、仮想世界の市場が広がっています。

映画「サマーウォーズ」で出てくるOZのような仮想世界が浸透する未来も近いのかも知れませんね!

こちらの土地もOpenSeaなどのマーケットプレイスで取引できるんです。

関連記事

・メタバースとは・メタバースとNFTの関係・NFTが活用されているメタバースの例・NFTが使われているメタバースに必要なもの以上のことが分かる記事となっています。NFT・ブロックチェーン技術の発達によって、メタバース(仮想[…]

NFTとメタバースの関係が丸わかり!活用例や始めるための準備を紹介

売れるもの4:音楽

売れるもの4:音楽

OpenSeaなどのNFTマーケットプレイスには「Music」のカテゴリーがあり、音楽もNFTとして売れています。

2021年秋より小室哲哉氏による音楽制作パフォーマンス作品を販売されるなどNFT音楽も注目を集めているんです!

他にもNFTアートと音楽を掛け合わせたものが出てくるなど、NFT音楽は今後も広がっていくでしょう。

関連記事

「SpotifyやApple Musicのような主要音楽ストリーミングがアーティストの収益を吸い上げていいるが、NFT(非代替性トークン)のような新しいテクノロジーが公正な取り分を取り戻せる可能性がある」とオンライン証券会[…]

2022年はNFT音楽が躍進するのか・音楽業界への挑戦

NFTを売りたいならこれを用意しましょう。

コインチェック

NFT売りたい人はCoincheck(コインチェック)のアカウントを用意しましょう。

NFTを売るにはガス代となるETHと売るためのマーケットプレイスが必要不可欠になります。

Coincheckは仮想通貨取引所Coincheck NFTという独自のNFTマーケットもあるので要不可欠な二つの要素を一度に揃えることができますよ!

残念ながらCoincheck NFTは会員限定なので、Coincheckの口座を持っていない人は使うことができません。

無料で簡単に登録できるので、これを機に登録してみましょう!

NFTを売れるマーケットプレイス3つ

代表的なNFTマーケットプレイス3つ

NFTコンテンツを売れるマーケットを紹介します!

新しいマーケットが続々とオープンしていますが、ここでは初めての方でも安心なマーケットを選びました。

また、ここで紹介するNFTマーケットプレイス以外にも日本のマーケットプレイスなどもオープンしているので、以下の記事をチェックしてみてください!

関連記事

NFTマーケットプレイスってどんな種類あるの?日本のNFTマーケットプレイスを知りたい!NFTマーケットプレイスを使うときの注意点って?以上の悩みを解決できる記事となっています。近年話題になっているNFTを取引できるNFT[…]

【必見】日本と海外のNFTマーケットプレイスを8つ紹介!

NFTを売れるマーケットプレイス3つ

  1. OpenSea
  2. Rarible
  3. Coincheck NFT

1.OpenSea

OpenSeaのマーケット画面

OpenSeaは世界最大級のNFTマーケットで、出品するのが簡単であることから多くのNFTコンテンツが取引されています。

OpenSeaでは2021年4月にImmutable Xを導入しており、イーサリアムのガス代がかからずにNFTを作成できますよ!

日本国内ではせきぐちあいみ氏のNFTアートが1,300万円でOpenSeaで売却されて話題となりました。

NFTを取引するなら、まずはこのマーケットのアカウントは作っておきましょう!

関連記事

OpenSeaって何だろう。OpenSeaの始め方を知りたい!OpenSeaの登録方法を見たい以上の要望に答える内容になっています。この記事では世界最大級のNFTマーケットであるOpenSea(オープンシー)の概要から登録[…]

【OpenSeaの始め方】誰でもできる失敗しない設定・登録方法を解説

2.Rarible

raribleのマーケット画面

Raribleはロシア系の創業者が手掛ける大手NFTマーケットです。

急成長しているマーケットなので、NFTを販売したい人や買いたい人はおさえておきたいですね。

RaribleはOpenSeaと比べて、新しいサービスですが、取引額はOpenSeaにおよばないものの、ユーザー数はOpenSeaを上回っているんですよ!

関連記事

NFTマーケットプレイスのRarible(ラリブル)って何? Raribleの特徴は? Raribleでできることを知りたい!以上の悩みを解決できる記事となっています。この記事ではNFTマーケットプレイス[…]

NFTマーケットプレイスのRarible(ラリブル)って?特徴やできることを紹介

3.Coincheck NFT

coincheckNFTの画面
Coincheck NFTは仮想通貨取引所コインチェックが運営しているNFTマーケットプレイスです。
このマーケットプレイスではNFTゲームやメタバースの土地など、多くのNFTを売ることができます。
コインチェックの口座を持っていれば、誰でも始めることができるので試してみましょう!

関連記事

Coincheck NFTって何だろう。Coincheck NFTで扱っているNFTは?Coincheck NFTを使ってみたいけど何が必要?以上のような悩みを解決できる記事となっています。Coincheck NFT(β版[…]

Coincheck NFTとはどんなNFTマーケットプレイスなのか。取り扱いNFTやQ&Aを紹介

コインチェックで口座開設をする

NFTを売るために必要な仮想通貨取引所4選

NFTを売るために必要な仮想通貨取引所4選

売れているNFTを理解し、NFTの取引や作成をしようと思ったら仮想通貨口座を作りましょう!

多くのNFTがイーサリアムのブロックチェーン上で作られているため、NFTの作成や取引にガス代と呼ばれる費用がかかるからです。

ガス代はイーサリアムで払うため仮想通貨取引所の口座が必要なんですね。

ここではオススメの口座を4つ紹介するので、まだ仮想通貨の口座を持っていない人は参考にしてください!

オススメの仮想通貨口座4選

  1. Coincheck(コインチェック)
  2. bitbank(ビットバンク)
  3. Huobi Japan(フォビジャパン)
  4. BITPOINT(ビットポイント)

初めて仮想通貨を買うなら!:Coincheck(コインチェック)

コインチェック

NFTからはじめて仮想通貨を購入する場合はCoincheck(コインチェック)がオススメとなります!

取引所では手数料が無料であり、さらにCoincheck NFTという独自のNFTマーケットのサービスも展開しているからです。

関連記事

Coincheck NFTって何だろう。Coincheck NFTで扱っているNFTは?Coincheck NFTを使ってみたいけど何が必要?以上のような悩みを解決できる記事となっています。Coincheck NFT(β版[…]

Coincheck NFTとはどんなNFTマーケットプレイスなのか。取り扱いNFTやQ&Aを紹介

Coincheck NFTではアイドルや芸能人のトレーディングカード、NFTゲームのSorareのキャラカードなどが購入できます。

多くの人が利用しているので、困った時に対処法がネットで見つけやすいのもメリットですね。

マイナス手数料が魅力な:bitbank(ビットバンク)

bitbank

bitbankは多くのアルトコインを取り扱う仮想通貨取引所です。

PCでもスマホでも取引ができるため、欲しいNFTを見つけたらどこでも仮想通貨を得ることができます。

bitbank.ccの取引プラットフォームは、オーダーブック(取引板)方式なので透明性の高いお取引が可能なのも特徴です。

またアルトコイン取引ではメイカー(取引板にない価格で注文を出すこと)においてマイナス手数料を導入しているので、メイカーで取引すればする程、資産が増えるんですよ!

安全性を重視するなら:Huobi Japan(フォビジャパン)

フォビジャパン(Huobi Japan)

Huobi Japan(フォビジャパン)高セキュリティの暗号資産取引や資産管理サービスを世界170カ国、数千万人のユーザーに提供している信頼性の高い取引所です。

フォビトークンというオリジナルのガバナンストークンがあり、取引ボリュームとフォビトークンの保有量に応じて、取引所の取引手数料が最大92%オフになります。

世界最高水準のセキュリティを誇っていますので、安全性を求める方にオススメの口座となります。

手数料が無料!:BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

BITPOINT(ビットポイント)は取引可能な仮想通貨は5種類と少ないですが、手数料が常時無料の魅力的な仮想通貨取引所となります。

今まで入金の遅さが指摘されていましたが、新サービスになってからモアタイムシステムを利用した決済システムが導入され、入金スピードが上がりました。

また、現物取引以外に信用取引やFX取引ができるため、NFT以外に目的がある方にオススメですね。

FXトレーダーが愛用するMT4を使えるのも魅力的なポイントとなります。

NFTとして売れるものはたくさんある!

NFTとして売れるものはたくさんある!

上記で紹介した「実際にNFT化して売れたもの」のように、現実にはない無形のものがNFTによって売れていることがわかりました。

NFTアートや音楽を売る人やNFTを副業としてする人も増えてきました。

関連記事

NFTを使った副業ってある?NFTで稼ぐ方法を知りたいNFTゲームで副業ができるって本当?このような悩みを解決できる記事となっています!2021年から急激に注目されはじめたNFT、流行語候補にも上がるほど注目を集めています[…]

NFTは副業になる!おすすめの副業方法3つと準備すべきものを紹介

今後も多くのものがNFT化して売れていくので、注目していきましょう!

関連記事

NFTの作り方NFTアートを出品する方法OpenSeaでの出品方法NFT作成するための準備以上のことが記事で紹介されています。この記事で紹介する「 OpenSeaでNFTを作成し、NFTアートを出品する方法3STEP」を見[…]

【NFTの作り方】OpenSeaを使ったNFT作成方法・出品方法を画像付きで解説!

コインチェック

2022年成長する分野で、新たなチャンスを掴みとりませんか?

NFTはまだまだ新しい分野であり、始めるなら今がチャンスです。

NFTには仮想通貨とNFTを取引できるマーケットが必要になります。

これらをまとめて用意できるのはCoincheck(コインチェック)です!

Coincheck(コインチェック)なら仮想通貨口座とCoincheck NFTという利用者限定のNFTマーケットの両方を用意できます。

簡単に登録ができるので、下のボタンから口座開設をしていきましょう!

NFTとして売れるものはどんなもの?実際に売られているものやマーケットを紹介!
最新情報をチェックしよう!
>

ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)の取引には、価格変動、流動性、ネットワークリスク、法令・税制変更等のリスクがございます。NFT-Lab内で掲載している記事は内容を精査した上で掲載、情報発信をしておりますが、本サイトの独自見解による内容も含まれておりますので、予めご了承の上ご利用ください。本サイトで得た情報に基づいて被ったあらゆる被害に関しては、当社及びコンテンツ作成者は一切の責任を負いません。暗号資産(仮想通貨)投資を検討する際は、金融庁の「暗号資産の利用者のみなさまへ」を必ずご一読いただき、投資やその他に関する決定については、すべてご利用者様ご自身の判断に基づいて行っていただくようお願い申し上げます。