写真はNFTにできる!NFT写真に必要なものや売る際のコツを紹介

  • 写真をNFTにできるの?
  • NFT写真を売るコツは?
  • NFTにするのに必要なものを知りたい!

以上のような悩みを解決できる記事となっています。

NFTはアートやゲームなどで注目されていますが、写真もNFTにできるんですよ!

ここではNFT写真に必要なものや売るときのコツを紹介していきます。

そもそもNFTって何?って方へ

Non-Fungible Tokenの略であり、
ブロックチェーン技術を応用したデジタル資産の一つ。
デジタルコンテンツの唯一性を保てることから注目が集まっています。
NFT(非代替性トークン)とは唯一無二のデジタル資産!加速化するNFT化を1から学ぶ

以下のリンクから、詳しく学べますよ!
  • 取り扱い通貨数が国内No.1
  • 取引画面の見やすさ・使いやすさ
  • アプリダウンロード数、国内No.1
  • 口座開設や取引操作が簡単でスピーディー
  • 取引所の取引手数料が無料
  • 独自のNFTマーケットプレイス
2500円相当のBTCが全員受け取れるキャンペーン実施中
関連記事

現在コインチェックでは2500円分のBTC(ビットコイン)が受け取れるキャンペーンを実施中です!これを逃すと2500円受け取れるキャンペーンはないので、急ぎましょう。[word_balloon id="5" siz[…]

【全員もらえる】2500円分のBTCがコインチェック口座登録で受け取れるキャンペーン実施中

↓その他の仮想通貨取引所はこちらで紹介しています↓

仮想通貨ランキング

写真をNFT化できるのか?

写真をNFT化できるのか?

写真をNFTにすることができます。

NFTはオリジナルを証明する物で、紐付けるコンテンツはデジタルな物であれば何でも大丈夫だからです。

写真以外にも音楽やデジタルアート、仮想空間の土地などもNFTとして売られています。

他にどんなものがNFTとして売られているか気になるかたは以下の記事をチェックしてください!

関連記事

NFTとして売れるものはなんだろうNFTコンテンツで売れたものはどのマーケットで取引されているの?このような悩みを解決できる記事となっています!この記事を読むことでNFTとして売れるものはどんなものか、実際にNFT化して売[…]

NFTとして売れるものはどんなもの?実際に売られているものやマーケットを紹介!

またNFT写真だとTeemusPhotoさんが東京のストリートフォトを出品し数百万円の利益を上げていますね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Teemu(@teemu.jpeg)がシェアした投稿

写真をNFTにするのに必要なもの3つ

写真をNFTにするのに必要なものは仮想通貨とNFTマーケットプレイスのアカウント、WebウォレットのMetaMask(メタマスク)となります。

NFTに必要なものは以下の記事で詳しく紹介しているのでみてください!

関連記事

NFTに必要なものを知りたい!NFTを買ってみたいけど何を準備すればいいのかな。最低限押さえておくべき知識って?以上のような悩みを解決できる記事となっています。この記事で紹介する「NFTに必要なもの4つ」を見れば、NFTの[…]

NFTに必要なものは4つ!最低限の知識や用意するものを紹介

写真をNFTにするのに必要なもの3つ

  1. 仮想通貨
  2. MetaMask(メタマスク)
  3. NFTマーケットのアカウント
コインチェック

必要なもの1:仮想通貨

NFT写真に必要なもの:仮想通貨

大半のNFTがイーサリアムのブロックチェーン上で作られています。

なのでNFT作成時や出品時にガス代としてETHという仮想通貨が必要になるんですよ!

まだ仮想通貨を持っていない方は仮想通貨取引所の口座を開設しましょう!
Coincheck(コインチェック)CoincheckNFTというNFTマーケットも運営しているので、NFTをこれから始めたい人にはオススメです!

必要なもの2:MetaMask(メタマスク)

NFT写真に必要なもの:MetaMask

MetaMaskはイーサリアム系のWebウォレットとなります。

NFTの保管や仮想通貨・トークンの管理ができるんですよ!

以下のリンクから追加することができます。

MetaMaskを追加する

MetaMaskの追加方法を画像付きで確認したい方や、使い方を知りたい方は以下の記事をチェックしてください。

関連記事

MeatMask(メタマスク)の使い方を知りたい!MetaMaskって何?画像付きの解説で設定をすすめたい。トークンやネットワークの追加方法は?この記事では以上のような悩みを解決できる記事となっています。イーサリアム系We[…]

MetaMaskの使い方を徹底解説!導入やETHの追加・送金やトークンの追加方法まで!
コインチェック

必要なもの3:NFTマーケットのアカウント

NFTに必要なもの2:NFTマーケットプレイスのアカウント

NFTの作成や出品、取引はNFTマーケットプレイスと呼ばれるプラットフォームで行われます。

NFT写真も例外ではなく、NFTマーケットで取引されるんですね!

多くのNFTマーケットプレイスがありますが、最初は世界最大級の取引量を誇るOpenSeaが安心です。

NFT作成の審査がなく、作成時のガス代が無料だったりと始めやすいのが特徴だからです。

関連記事

OpenSeaって何だろう。OpenSeaの始め方を知りたい!OpenSeaの登録方法を見たい以上の要望に答える内容になっています。この記事では世界最大級のNFTマーケットであるOpenSea(オープンシー)の概要から登録[…]

【OpenSeaの始め方】誰でもできる失敗しない設定・登録方法を解説

他のマーケットプレイスも知りたい方は以下の記事をチェックしましょう!

関連記事

NFTマーケットプレイスってどんな種類あるの?日本のNFTマーケットプレイスを知りたい!NFTマーケットプレイスを使うときの注意点って?以上の悩みを解決できる記事となっています。近年話題になっているNFTを取引できるNFT[…]

【必見】日本と海外のNFTマーケットプレイスを8つ紹介!

写真をNFTとして売り出すときのコツ4つ

写真をNFTとして売り出すときのコツ4つ

写真をNFTとして売り出す時は以下のようなコツを意識しましょう!

売れているNFTの特徴からこれらのコツを導き出しました。

他のNFTを売ろうと考えている人にも役に立つ内容ですので、確認しましょう!

また実際にNFTを作成して、出品する方法は以下の記事で紹介しています。

関連記事

NFTの作り方NFTアートを出品する方法OpenSeaでの出品方法NFT作成するための準備以上のことが記事で紹介されています。この記事で紹介する「 OpenSeaでNFTを作成し、NFTアートを出品する方法3STEP」を見[…]

【NFTの作り方】OpenSeaを使ったNFT作成方法・出品方法を画像付きで解説!

写真をNFTとして売り出すときのコツ4つ

  1. 海外を意識した作品にする
  2. ストーリー性を持たせる
  3. SNSを更新する
  4. Polygonを使う

海外を意識した作品にする

NFT写真は海外の購入者を意識した作品にしましょう!

なぜなら日本にNFTが浸透しておらず、買い手の数が圧倒的に少ないからです。

反対に海外では多くの企業がNFTを販売していることもあり、NFTが浸透しているので買い手が多いんですね。

日本のカルチャーファンをターゲットにした作品作りをするといいかもしれません。

ストーリー性を持たせる

NFTとして売れている作品はストーリーや背景がしっかりしています。

NFT出品時に商品説明を書く欄があるのですが、購入者はここの説明に注目していますね。

複数の作品でストーリーを紡いだり、一枚にストーリー性を持たせた作品が多いです。

なので作品作成の際はストーリーを持たせるように意識しましょう。

SNSを更新する

SNSを更新するようにしましょう!

多くのNFTクリエイターがSNSでファンを獲得し、購入につなげているからです。

元々ファンがついているクリエイターなら買い手が付きやすいですが、これからファンを獲得するならSNSを活用しましょう。

また他のクリエイターの方とも接点が生まれるのでオススメですね。

Polygonを使う

仮想通貨に慣れていたら、NFT写真をPolygonで作成・出品してみましょう!

Polygonとはイーサリアムのセカンドレイヤーであり、高額なガス代を1〜5円程度に減らすことができます。

このPolygonは最大級のNFTマーケットOpenSeaや日本のnanakusaでも使われており、比較的メジャーになりつつあります。

特にNFT写真はアートよりも出品数が多くなる傾向にあるので、ガス代を気にしないといけません。

以下の記事はPolygonについて紹介しているので参考にしてくださいね!

関連記事

NFTに活用されているPolygon/MATICって何? 欲しいNFTがPolygonだった!どうやってETHを移すんだろう PolygonにETHをブリッジしようとしたらガス代が高すぎる!どうすればいい?以上のような悩み[…]

NFTで使用されるPolygon/MATICって何?ETHをブリッジする方法や裏技を紹介

【まとめ】写真をNFTにしてみよう!

以上紹介した内容で、NFT写真に必要なものや売る際のコツを理解できるようになります。

アートは作れないけどNFTを作ってみたい方は写真をNFTにしてみるのもいいかもしれませんね!

コインチェック

2022年成長する分野で、新たなチャンスを掴みとりませんか?

NFTはまだまだ新しい分野であり、始めるなら今がチャンスです。

NFTには仮想通貨とNFTを取引できるマーケットが必要になります。

これらをまとめて用意できるのはCoincheck(コインチェック)です!

Coincheck(コインチェック)なら仮想通貨口座とCoincheck NFTという利用者限定のNFTマーケットの両方を用意できます。

簡単に登録ができるので、下のボタンから口座開設をしていきましょう!

写真はNFTにできる!NFT写真に必要なものや売る際のコツを紹介
最新情報をチェックしよう!
>

ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)の取引には、価格変動、流動性、ネットワークリスク、法令・税制変更等のリスクがございます。NFT-Lab内で掲載している記事は内容を精査した上で掲載、情報発信をしておりますが、本サイトの独自見解による内容も含まれておりますので、予めご了承の上ご利用ください。本サイトで得た情報に基づいて被ったあらゆる被害に関しては、当社及びコンテンツ作成者は一切の責任を負いません。暗号資産(仮想通貨)投資を検討する際は、金融庁の「暗号資産の利用者のみなさまへ」を必ずご一読いただき、投資やその他に関する決定については、すべてご利用者様ご自身の判断に基づいて行っていただくようお願い申し上げます。